映像資料(YouTube)

映画及舞台をピックアップ!

Coming Soon

<舞台キャスト募集>

7月、9月、2021年春には博品館劇場にて上演が決定しました!

そこで舞台のキャストを大募集中です!

主人公・ヒロイン・メインキャストと幅広く募集します。

【日程①】2020年7月1日~7月5日

@上野ストアハウス
『立ち呑みパラダイス~1975年天満商店街~』
作・演出 山内 勉
【内容】

2006年に初演をしてから再演を繰り返してきた「立ち呑みパラダイス」シリーズの第1作目を、2020年2月に再演致しました。その5年後を描いた待望の続編です。
1975年の大阪を舞台に、主人公テツの父親である寛一のお葬式にテツが東京から戻ってきたところから舞台は始まります。残った酒屋をどうするのか?東京でシェフになる夢も道半ば、再びテツは迷いだします。そこに幼なじみが中心になって、テツの行く末にあれこれ介入していきます。テツに気持ちを寄せるヒロイン光子も良い縁談の話しがある中、再びテツに気持ちを寄せていきます。大阪人の熱い人情の狭間で揺れ動くテツ。そんなテツを心配になって幽霊となって出没する父親の寛一。辻本裕之さんのオリジナルソングに乗って再び客席を笑いと涙と感動の渦にします。

 
 
【日程➁】2020年9月16日~9月21日

@池袋シアターグリーンBASE THEATER
『立ち呑みパラダイス2020~1970年大阪~』
作・演出 山内 勉
【内容】

池袋演劇祭参加作品。7月の日程①の作品の前作になります。
1970年、万国博覧会に活気づく大阪の、とある立ち呑み屋を舞台にあかんたれの米屋、謎の物知り教授、おかしな保険外交員やおバカな土木作業員など、個性豊かな面々が舞台狭しと大暴れ!笑いあり、涙ありの痛快エンタテインメント!

次回<ブロードウェイ・バウンズプロデュース公演>

『立ち呑みパラダイス~1975年天満商店街~』

作・演出 山内  勉
【日程】2020年7月1日(水)~7月5日(日)
【劇場】上野ストアハウス

 

【審査の流れ】
◆一次審査:書類審査
◆二次審査:実技・面接

 

【受賞歴】
池袋演劇祭、参加した4年間連続受賞!!!
2006年 豊島新聞社賞「英機の通信簿」
2007年 豊島区長賞「夢の続き…〜平成維新、竜馬蘇る!〜」
2008年 優秀賞「マジメに働きゃ明日はない」
2009年 豊島区長賞「時の刻印〜新説 国定忠治伝〜」小野寺昭 主演

【応募資格】
◆18~50歳くらいまでの心身共に健康な男女
◆演技経験のある方(養成所・専門学校等含む)
◆チケット販促にご協力頂ける方
 

【応募方法】
下記のいずれかの方法でご応募下さい。

①プロフィールを郵送
②メールにて応募

いずれにしても上半身・全身の写真必須です。 スマートフォン等で撮影したものでも構いません。

◆書類審査通過の場合のみ1週間以内にお電話にてご連絡致します。
03-3868-3450 または携帯からかける場合もございます。
 

①プロフィール郵送先
〒113-0033
東京都文京区本郷1-5-17三洋ビル17号室
有限会社ブロードウェイ・バウンズ
『公演オーディション』 係
※7月・9月どちらへの応募かご明記ください。

②メール応募先
info@broadway-b.com (受信できる設定にお願いします)

※プロフィールデータをお持ちの方はそれをお送りください。
お持ちでない方は下記を本文に明記の上、お送りください。
 

◆タイトル『〇月公演オーディション』
〇の部分に、7月または9月とご明記ください。

◆本文
お名前(ふりがな)
性別
生年月日
血液型
出身地
現住所
電話番号
身長
体重
スリーサイズ
靴のサイズ
趣味
特技
資格
芸歴(あれば)
志望動機
自己PR
事務所所属の有無
(所属の場合は事務所名必須)

※以上を明記し、上半身・全身の写真を添付の上 送信してください。
(スマートフォン可)

お問い合わせ
TEL:03-3868-3450
Mail:info@broadway-b.com

《オリジナル作品映画化決定》


 

《人材発掘応援企画》

俳優・タレントを目指すために上京をお考えの方必見!

今、芸能界が熱い!2005年当時、日本の劇場映画製作本数は350本。それが年々伸び、昨年2016年では601本の劇場映画が製作されました。東京発信、あるいは東京での企画が圧倒的です。現場では常に人材を求めています。弊社にも出演依頼の案件が毎日数多く寄せられます。実は弊社も舞台、イベント、映画と、制作プロデュースもしています。そこで、弊社は地方に埋もれる人材を発掘する企画を立てました。東京進出の費用を、弊社の仕事をしながら捻出していただくシステムです。0円から東京進出できます。是非あなたの才能を開花させてください。

詳細はコチラ

中能史繁、主演映画

『鵜の島の光』

日本芸術センター第9回映像グランプリにノミネートされました!

 

 

『鵜の島の光』予告編