公演記録 / 創造集団生活向上委員会

第6回公演「ザ・サラリーマン5「憤の一字や、おとこの花道」プロ野球編」

1999年7月9日~11日
HEP HALL
作/山内勉 演出/筒井庸助

あらすじ

1978年夏、甲子園出場をかけた地区予選決勝。9回裏2アウト、ランナー1塁、得点は 3-2である。雨の降る中、ピッチャー花田は代打の花形と対峙していた。あと一人で甲子園に手が届く。 渾身のストレートをキャッチャーミットに投げ込んだ。次の瞬間、白球は外野フェンスのはるか上を通過していた。 それから20年、二人の運命は大きく変わっていく。花形は阪神タイガースの中軸打者に育ち、花田は肩を壊し、野球の夢を諦め、小さな製薬会社の営業マンに なる。だが、それぞれに肉体の衰えによる成績不振や単身赴任先での肩叩きに悩む。しかし、花形の過去の栄光を取り戻そうと肉体の限界に挑む、プライドを投 げ捨てた壮絶な戦いは、目的を見失いかけた花田や彼からレギュラーの座を取ったルーキー、彼に付きまとう新聞記者、そして、彼を愛する妻をも巻き込んでペ ナントレースの優勝の行くえと共に、怒涛のラストへと向かう…。

出演俳優

山内ツトム、松浦達也
五王四郎、麻生敬、山本公登志
石原誠、杉本智恵子、開發寛成、あたかかずえ、猪岡裕介、合田明代、大野美幸、内山絢貴
大崎周(特別出演)、ジョウタナカ、左海文也、清水敬伸
金谷こうすけ(ピアノ演奏)

公演記録