Stage / 創造集団生活向上委員会

【作・演出】 山内 勉

【スタッフ】
音楽:大森竜司 / 振付:akemi
歌唱指導:南ななる / 照明:矢島千浩
音響:余田崇徳 / 美術:照井旅詩
衣装:朱貴子 / 小道具:高津装飾美術
舞台監督:村井重樹 / チラシデザイン:水原茂
制作:南野真一郎 / 宣伝アドバイザー:志賀道夫 

【協力】
石田企画 / イトーカンパニー / オフィス斉藤 / ケッケコーポレーション/ ゴールデン・キッズ / ゴールデンステップス / 雀組ホエールズ / 髙汐巴事務所 / 日本喜劇人協会 / プロダクション・タンク / ミューズ・プランニング / ​(株)夢グループ / リノア  (50音順)

【制作協力】 ​(株)エ・ネスト 名塚新一郎​

【主催】 (有)ブロードウェイ・バウンズ

 

第34回公演『オルガンズ~おんな赤ひげ奮闘記~』

無事終演いたしました。ご来場誠にありがとうございました。

『オルガンズ~おんな赤ひげ奮闘記~』

物販につきましてまだまだ受付しております。
この機会に是非お求めくださいませ。
各商品お一つからでもお買い求めいただけます。

◆パンフレット ¥600(税込・送料別)
​​◆ポスター   ¥300(税込・送料別)​
◆公演DVD   ¥4000(税込・送料込) ​
​◆Tシャツ​    ¥1500(税込・送料別)
​(ライトピンク・ライトグリーン・ライトブルー)​ S/M/L/XL
​色・サイズにより品切れの際はご容赦ください。​

≪​お申込み・お問合せ≫​
​03-3868-3450
info@broadway-b.com

◆お名前
◆ご住所
◆お電話番号
◆商品名・部数

メールの場合は、上記の項目を明記の上
​お申し込みください。

​【ストーリー】​
​舞台は東京下町。個人医でありながら夜間の救急医療が専門で、お金のない人からは治療費を一切受け取らない、ちょっと変わった診療所。いつしか医院長(髙汐巴)は“おんな赤ひげ先生”と呼ばれていた。だが、経営は低空飛行。スタッフの頑張りと元患者や地域のサポーター(三善英史)らの支えがあって何とか続けられていた。そんな中、医院長の呼び掛けで始まったのが合唱団オルガンズ。診療所の中はいつも歌声で溢れていた。しかし、そんな診療所を乗っ取ろうとする難敵が現れた。やり手の実業家、実は医院長の妹(MINAKO)で、診療所の建設資金を出してもらっていた。ビジネスライクに特化したネット病院として再生すると言い放った。がく然する一同!果たしてこの窮地をどう乗り切るか・・・。診療所のスタッフ、患者らの人生の葛藤、悲しみにも焦点を当てつつ、随所に主演の髙汐巴の歌を織り込み、笑い、涙、感動ありの心温まるエンタテイメント人情喜劇を皆様にお届けします。
是非ご覧ください。

​【日程】​  2017年3月30日(木)~4月2日()

30日(木) 18:00

31日(金) 13:00 / 18:00

  1日() 12:00 / 17:00

  2日() 14:00

 

​【チケット】 全席指定   一般 6,000円(税込)

​【​劇場​】 ​  三越劇場

〒103-8001 
東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店6階​

 
​【キャスト】

髙汐  巴​ ​(元宝塚歌劇団花組トップスター)

三善英史 (ヒット曲、雨)

MINAKO​ ​(米米CLUB)

山内としお​ ​(必殺仕事人田中役)

清郷流号       宮澤 正
勝亦  蓮        月見恭子

南ななる / 田島ケンタ  /  小川夏果 / 山本​ ​篤
塩崎沙織 / 柿崎弟知 /  松田好太郎
新村享也/ 桑原ハルト /  絵川杏奈
陽毬(ひまり) / 佐々木孝恵 / 中能史繁  
舩戸敬太 / サトシ /​ 木村 圭 
月山和香 / 西尾紅美 / 平田里美 /

 

雪村いづみ (特別ゲスト)

 

​≪チケット取扱≫​

12/20~発売予定
​◆主催:ブロードウェイ・バウンズ 03-3868-3450 (担当:南野)

1/10~発売​
◆​チケットぴあ​ ​ ​ ​0575-02-9999  ​/ ​
Pコード:456-068
◆ローソンチケット 0570-084-003  /  
Lコード:33133
◆(オペレータ予約専用番号)  0570-000-407 (10:00~20:00)
◆イープラス QRコード

2/1~発売
◆三越劇場  0120-03-9354 (10:30~18:30)
http://mitsukoshi.mistore.jp/bunka/theater/

「オルガンズ」キャスト紹介

髙汐 巴 (元宝塚歌劇団花組トップスター)

1972年宝塚歌劇団入団。83年花組男役トップスターに。悲劇、コメディ、歴史劇などで華麗な名舞台を残し87年に退団した。
退団後はオフブロードウェイ作品『カンカン』の主演を皮切りに『その男ゾルバ』『THE CLUB』『シンデレラ』『パルレ』などのミュージカル。『ジンジャーブレッド・レディ』『頭痛肩こり樋口一葉』『恋文、星野哲郎物語』などのストレートプレイに出演。
ライブ、コンサート、ディナーショーなど歌のみのステージや、レビュー作品にも数多く出演している。
他にテレビドラマやトーク番組、CMへの出演など、幅広く活動中。自伝的エッセー『清く正しく美しく』がある。
現在、大阪芸術大学の芸術学部で客員教授も務めている。

詳しいプロフィールははコチラ

「麗人コンサート」にて
「麗人コンサート」にて
ディナーショーにて
雪村いづみ

NEWS!

2016年(平成28年)ラッツパック・レコード35周年記念盤~「トゥ・ヤング」雪村いづみ with 美空ひばり・江利チエミで日本レコード大賞企画賞を受賞いたしました!

江利チエミ・美空ひばりと共に「三人娘」の一人として活躍。1959年に初渡米。シャーリー・マクレーンなどと共演、芸能各紙から絶賛される。1960年には全米縦断公演「ホリデイ・イン・ジャパン」全米12都市を1年に渡り公演する。初演直後から評判を呼び、翌1961年4月には『LIFE』誌にも紹介され、日本人の芸能人として初めて表紙を飾る。

2016年 ラッツパック・レコード35周年記念盤~「トゥ・ヤング」雪村いづみ with 美空ひばり・江利チエミでTBS輝く!
日本レコード大賞企画賞を受賞!

1957年(昭和32年) – ベルリン国際映画祭特別記者賞
1970年(昭和45年) – 合歓ポピュラーフェスティバル’70グランプリ(「涙」)
1970年(昭和45年) – 第1回東京国際歌謡音楽祭(世界歌謡祭)歌唱グランプリ(「涙」)
1972年(昭和47年) – 第1回東京音楽祭グランプリ(「私は泣かない」)
1982年(昭和57年) – 第37回文化庁芸術祭優秀賞(『ミュージカル・旅立て女たち』)
1983年(昭和58年) – 第38回文化庁芸術祭大賞(リサイタル「マイソング・マイライフ」)
1992年(平成4年) – ’92歌謡ゴールデン大賞(朝日放送主催)
1993年(平成5年) – 日本ジャズヴォーカル賞大賞(ジャズワールド紙主催)
1994年(平成6年) – 芸術選奨文部大臣賞(『ミュージカル・クッキングガール』)
1998年(平成10年) – 紫綬褒章
2007年(平成19年) – 旭日小綬章

三善英史

1972年、デビュー曲 『雨』 がいきなりの大ヒットを飛ばし、
第14回日本レコード大賞・新人賞、新宿音楽祭・銀賞、
第3回日本歌謡大賞・放送音楽新人賞を獲得。

翌1973年、『円山・花町・母の町』で、NHK紅白歌合戦に初出場し、以後1975年まで出場を果たす。
俳優、タレントとしても活動している。

詳しいプロフィールははコチラ

MINAKO (米米CLUB)

米米クラブメンバー。石井竜也氏の実妹。
同バンド内ダンスチームSUE CREAM SUEメンバー。
米米CLUBのデビューから現在まで、MINAKOが中心となり振付けを担当。米米流エンターテインメントの象徴として活躍。

米米クラブだけに留まらず、アイドル歌手の振り付けやミュージカルのダンスの振り付けなどを請け負うこともある。

現在は、米米CLUBの活動と平行して、MINAKO名義でソロ活動、女優としての活動の他、自らのファッションブランド・MADAM MINA(マダムミーナ)、基礎化粧品ブランド・SURPRISMをプロデュース。

歌手、ダンサー、振付、女優、ファッションブランドプロデューサー
兼デザイナーとして幅広く活躍している。

米米CLUB公式サイトはコチラ

80’s Super Girl  SUE CREAM SUE
総踊り KANAGAWAよさこいwith龍馬
山内としお

『必殺仕事人』で藤田まこと演じる中村主水の上司
「おかまの田中様」こと、筆頭同心田中役で人気を博す。
水戸黄門、暴れん坊将軍、鬼平犯科帳、遠山の金さんなど時代劇シリーズにとどまらず、映画や土曜ワイド劇場などでも活躍。
舟木一夫特別公演などの舞台に看板役者として多数出演するかたわら、映画やTV等でも活躍。
二枚目から個性的な三枚目まで幅広く演じる。
必殺シリーズのファン感謝イベント「必殺まつり」では見事な歌声を披露している。

宮澤 正

『妖怪ウォッチ』ひも爺役をはじめ、多数の妖怪の役を演じ、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』 麻里晩役や 『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』武藤双六 役、日本アニメーション40周年記念作品、長編アニメ映画 『シンドバッド』 ナジブ役、『ハリー・ポッター』シリーズ グリップフック役etcなど様々なメジャー作品に出演している。また、声優に限らず俳優業でも活躍しており、講師依頼の声が絶えない注目の逸材である。

詳しいプロフィールはコチラ

公演記録